髭が濃くならない剃り方

2016年9月27日 / 髭の剃り方

毛を剃ると濃くなるって本当?

毛を剃ると濃くなるという噂を、耳にしたことがある男性はいるでしょう。ただでさえも濃い人などは、とんでもなく嬉しくはない話です。

シェービングをすると、毛穴から見える毛の断面図が広くなるために、毛穴からの毛が太く見えるのも、濃くなるという解釈のひとつです。体毛をカットするのがカミソリシェービングであり、根元から抜くわけではありません。ただ単に毛をカットしただけでは、通常は毛はそれほど太くなる可能性は少ないものです。しかし頻繁にムダ毛処理をするのは、男性たちの髭のシェービングは、まさにハードワークの処理に入ります。体毛には様々な役割があり、毛というのは皮膚のことを守るのが、本来の役割になります。

だから毎日のようにシェービングをすると、皮膚には刺激がどんどん与えられるので、皮膚を守ろうとして濃い状態を作ることは、考えられることでもあります。体毛は人間の皮膚を守るために濃くなるので、シェービングを控えればまた戻りやすくなります。

濃くなる剃り方がある

髭が濃くなる剃り方をしていると、当たり前ですがどんどん濃い状態を招きやすくなります。男性たちの毎日忙しい生活の中で、それほどシェービングには丁寧さを考える機会はないでしょう。毛は気になりますが、何回も同じところを繰り返して剃るのは良くないです。深剃りをするために、数回同じところを剃ってから、さらに逆からのシェービングをするなど、肌にも負担の大きい処理をすると、皮膚は悲鳴をあげてしまいます。

人間みたいに肌は喋ることはできませんが、そうした素肌への思いやりがないシェービングをすると、皮膚は外部からの刺激に耐えられなくなって、毛を濃くして増やすことで、皮膚を守ろうとするわけです。肌状態も乾燥をしたままで処理をしてしまうと、これも表皮への行動でダメージを与えます。皮膚の乾燥状態は良いことはひとつもないです。

カミソリシェービングをしても、毛をさらに増やしてしまうので、無理な処理はやめて優しいシェービングをする必要があります。

カミソリの替刃は月一で交換する

カミソリの替刃は月一で交換する問うことも、カミソリシェービングでは心かげていくことです。カミソリは使い捨てで捨てるタイプもありますし、刃の部分だけを交換するタイプもあります。

毎日のシェービングは、刃の先をもろくさせますし、あまり気がつかないかもしれませんが、刃は処理を繰り替えると、かけたり凸凹したりもします。刃の先端がなめらかではないと、肌に当てた時に皮膚には、それは大きなダメージになります。皮膚への刺激が大きくなると、皮膚を守る防御反応によりまして、毛穴から生える毛はもっと濃い状態に変わりやすくなります。

それに同じ刃を使用するというのは、衛生上であまり良いことではありません。直接肌にあてて利用をするので、カミソリは常に清潔を維持する必要があるのです。不衛生な状態は、カミソリの状態も悪くしますし、肌へのトラブルを起こしやすくなります。だから刃をかえることのできるカミソリは、毎月交換をしましょう。

正しい剃り方のステップ

髭が濃くならない剃り方として、正しい剃り方のステップを踏みましょう。T字型のカミソリでの、ウェットシェービングをする時には、最初に顔を洗い肌を清潔にしましょう。肌への柔軟さをある程度出すのは大切なので、蒸しタオルを作り、毛を柔らかく柔軟にしてもいいでしょう。

肌荒れをしやすい男性や、剛毛を自覚をしている人などは、蒸しタオルをするのが良い方法です。肌には乾いたままでカミソリは当てないようにして、シェービングフォームを利用しましょう。すると肌への、カミソリの滑りは良くなります。肌に傷をつけないように、毛の流れに沿ってシェービングをします。深剃りをすることを意識しがちですが、1回のシェービングを丁寧にすると、無駄に深剃りや無理なシェービングをしないでも済みます。

逆剃りをしたいときには、角度を45度くらいにして、シェービングをする問です。45度の角度であれば、出血をしたりカミソリ負けをするのを、予防することになります。

正しい髭剃りの方法を解説しましたが、どうしてもめんどくさい!朝そんなヒマねーよ!という人は髭を永久脱毛してしまうのも一つの手段です。

正しい剃り方の注意点

濃くならないためにも、正しい剃り方の注意点を抑えましょう。無駄に力を入れ内容にして、同じパーツを何回も剃るのは控えましょう。シェービングは皮膚が粉を吹いたような、乾ききった状態でやるのは危険です。肌への負担が大きすぎますし、カミソリの刃がなめらかに滑らなくなります。

すると毛だけではなく、皮膚の表面の角質を一緒に削ぎ落すので、皮膚は悪くなりますし、毛も濃い状態になるので要注意です。髭剃りのためには市販の専用フォームが販売されていますし、そうしたアイテムを使うと安心です。肌と毛を硬い乾いたままにはしないことが大事なので、肌を受難にするためにも、カンタンに利用のできる、蒸しタオルを活用しましょう。

清潔なタオルを水で湿らせて、電子レンジで加熱すればできるので、温度のは気をつけて蒸しタオルを作りましょう。肌へのやさしいシェービングをしたら、皮膚は乾燥をしやすい状態なので、保湿をメインと下スキンケアをしましょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る